医療技術部・臨床検査科

臨床検査科とは

臨床検査科の役割は、医師の指示の元に検査を行い、そのデータを診断・治療を行う医師に提供することです。 大きく二つ分けることができ、ひとつは直接患者さんに接する生理検査、もうひとつは患者さんから採取された検体を扱う検体検査です。

検査の内容について

臨床検査科では、腹部、心エコーなど各種の超音波検査をはじめ、生化学検査、血液検査、輸血免疫検査、尿検査、凝固検査、肺機能検査、心電図(ホルター心電図、負荷心電図)、脳波、12誘導心電図、脈波(動脈硬化検査)、トレッドミル、各種緊急検査など、多数の検査を行っております。


その他の部門